ハイパソコンの能力は、どこで見るのでしょうか?

 

1.CPUの能力(ブランド)で選ぶ

 

 CPUメーカーIntel には、以下のブランドがあります

 

Celeron

エントリーの機種によく使われる

低コストパソコンに使われている

Pentium

エントリーの機種によく使われる

Celeronより、1クラス上位

Core2Duo

Core シリーズが出る前のCPU

Core シリーズのベースとなった

Core i3

Core シリーズの最廉価版

Core は2つ

Core i5

Core シリーズの中位 一般向けクラス

Core は4つ ターボブースト機能が使える

Core i7

Core シリーズの最上位 ハイエンドCPU

Core は4つ スレッド8 ターボブースト機能

 

2.クロック数

 CPUの回転数のようなもの。同じCPUでもクロック数が大きいと高速だといえます。デスクトップは、2GHz~4GHz ノートパソコンは、1.5GHz~2.5GHz

 

3.キャッシュ

 CPUが働くとき、一時記憶させておく一番高速なメモリー。これが大きいと1回目の処理は同じでも、2回目の同じ処理については高速で動作させることができます。容量はCPUによって大きさが違います。

3MB~8MB などの単位

 

4.Core ナンバー

 だいたい、1000単位で番号がつけられます。

 1000番台が第一世代なら、4000番台は第4世代ということになります。

 数値が大きい方がいろいろなテクノロジーが使われて高速です。

 

5.メモリについて

 32bit のOSを使うのなら、最大3GBのメモリしか使えません。

 Windows 7 ならば、最低2GBのメモリは必要です。

 64bit のOSならば、16GBまで増やせますが、通常4GBほどで、8GB以上のメモリがあっても使う用途がなければ、基本的なスピードはそれほど変わりません。

 

 

 

 

 

 

 


今月のおすすめPC

 

低コストパフォーマンス

 

 Lenovo H530s

   

 

 Pentium Dual-Core G3220 (6Mキャッシュ3.0GHz)
 \52,000(38000)

 

 Vostro 3800

  

 CeleronRプロセッサーG1840(2Mキャッシュ,2.8GHz)
 \49,000 (36000)


 

最高性能パフォーマンス

 MN5020-i7-HLB (現在 最高速性能PC)

 

 インテル(R) Core i7-4790 プロセッサー

 (3.6-4.0GHz/4コア/8スレッド/8MBキャッシュ)

 \114,000

 

 

 

今月のおすすめノートパソコン 
DELL Inspiron 11 3000  Lenovo ThinkPad E440
 コストパフォーマンスが高く、携帯に便利
 
老舗IBMの特許 ThinkPad仕様 Core i5の能力でこの価格

      
 
 タッチ付で、上記写真のように、ノートパソコンとしても
 WINDOWS 8のタブレットとしても使用可能
 CPU は、Cerelon Dual Core だが、バッテリー8.5時間
 重量は、1.39kg で、携帯性に優れています \59,000
 
CPUは、このクラスで上級のCore i5を使っている。
PCの仕様としては、標準的だが、Core i5クラスでこの価格は魅力的な能力です。 \69,000
 
スペック
Windows 8.1 64bit
4GB (4GBx1) DDR3L メモリ(1333MHz)
ワイヤレス Bluetooth 4.0内臓
500GB SATA HDD(5400回転) 光学ドライブなし
インテル® Celeron® Dual Core N2830 プロセッサー
HD ウェブカメラ内蔵, デュアルデジタルマイク
2 in 1 カードリーダー (SD, MMC)
11.6 インチ広視野角(IPS) HD タッチパネル ディスプレイ
スペック
Windows 8.1 64bit
4GB (4GBx1) DDR3L メモリ(1333MHz)
500GB SATA HDD(5400回転) DVDマルチ付
Core i5 4210M(Haswell Refresh)2.6GHz/2コア
Webカメラ Bluetooth USB3.0
   
   

 

 

 

 

 

コアシリーズ Core2 から Core i3 Core i5 Core i7 のハイスペックのもの、ストレスのない機種を選定してあります!